→→徳島・四国の郵送対応御朱印まとめ

徳島の花手水まとめ|人気の花手水、徳島ではここで見られる!過去の花手水もご紹介

雑記

京都や奈良、川越などの歴史ある神社仏閣で人気の「花手水(はなちょうず・はなてみず)」。写真撮影が好きな方には人気の被写体ですし、テレビやSNSなどで見たことがある方も多いのでは。

手水鉢を埋めつくす色とりどりのお花…見るだけで癒されますよね🥰

でも、どうせ徳島にはないんでしょう…?と思いましたよね。あるんですよ、しかも何か所も!このページでは、徳島で見られる花手水をご紹介します💁‍♀️

もちろん見に行くタイミングによってお花のコンディションが違うし、傷んだお花の入れ替えや撤去、風で花が動くことでも微妙に配置が変わることもあり、まったく同じものが見られるとは限りません🙇‍♀️
スポンサーリンク

徳島で花手水が見られるのはここ!

徳島で初めて本格的な花手水を設置したのは勝浦町の坂本八幡神社ですが、少しずつ増えてきて現在は以下の神社でも設置されています。

  • 坂本八幡神社
  • 快神社
  • 宇佐八幡神社(期間限定)
  • 四所神社(終了)
  • 大麻比古神社(終了)
  • 住吉神社(期間限定?)
  • 大御和神社(終了)

今後も花手水を設置する神社が増えるかもしれないので、随時追加していきます。

元祖・徳島の花手水!坂本八幡神社

坂本八幡神社
〒771-4308
徳島県勝浦郡勝浦町坂本宮平2

坂本八幡神社はかなり上勝町寄りにあり、徳島市内からだと車で40分~50分くらいのそこそこ山深い場所。創建から500年以上の歴史がある神社で、勝浦町の坂本地区と上勝町全域の鎮守の神として信仰されています。

花手水の撤去や設置予定については坂本八幡神社公式インスタグラムで告知があるので、見に行く予定を立てる前にチェックするのがおすすめですよ💁‍♀️

ひまわり手水

7月18日より、再度ひまわり手水が設置されるそうです!

【訂正】ひまわりの花手水は7月23日からでした。18日は境内清掃のため花手水が見られないそうです。

あじさい手水

7月上旬くらいまではあじさいの花手水が見られるようです。

配置や色合いなどは随時変わります。

ひまわり手水

5月1日からはビタミンカラーで元気いっぱいなひまわり手水に変わっています!

こちらは5月10日頃までの設置だそうです。気温が高くなってきたので、お花が長持ちしないかもしれないので気になる方はお早めに。

恐竜の日に合わせて

今回の花手水は4月17日の「恐竜の日」を記念して。新しく恐竜の日御朱印が頒布されていて、御朱印に使用しているスタンプに似せた配置になっています!

おそらく、恐竜の日御朱印が頒布されている期間内は花手水も見られるかと。

  • 恐竜の日御朱印:4月17日~5月17日まで

薔薇手水はそろそろ終了

告知通り、薔薇手水は3月14日まで。随時、傷んだ薔薇を取り除いています。花手水自体は別のお花で継続されるようなので、今から見に行っても大丈夫なはず。

見に行かれる場合は、念のため坂本八幡神社へお問い合わせを。

2021年2月27日~

予告通り、2月27日から新しい花手水が設置されています。今回は108本の薔薇を使ったロマンティックな「薔薇手水」。108本の薔薇、花言葉は「結婚してください」だとか。

毎年ひな祭りシーズンには「ひな婚」として坂本八幡神社で結婚式を行っていたそうですが、昨年からコロナの影響で受け付けを中止しています。代わりに、これから結婚するカップルを応援するためにこの花手水の企画となったそうです。

お花を入れ替えながら3月14日までの設置だそうです。珍しいレインボーローズもありますよ✨

境内がおひな様で華やかに飾り付けられた「ひな社」も14日まで楽しめます。

拝殿前の石段が豪華な段飾りに!晴れた日には恐竜が乱入することも…??🤔

2020年12月31日~現在

大晦日から設置されている最新の花手水。レイアウトの変更はたびたびありますが、傷んだお花を少しずつ入れ替え、現在も花手水は楽しめます。

こちらは1月14日の様子です。

竹の仕切りを撤去していた時期もありますが、今は戻っています。

仕切りなしバージョンも素敵でしたが、空間が仕切られているほうがメリハリがあっていいかも。こちらの手水鉢はけっこう大きいのでレイアウトが大変そうです💦

黄色いユリが華やかでしたが、高さがあるので写真をどう撮っていいのかよくわからず💦

インスタグラムで「#徳島花手水」や「#坂本八幡神社」で検索すると、もっと写真が上手な人が撮影した花手水の写真がいろいろ出てきますよ✨

上の手水鉢には豪快な門松アレンジ。ハートの切り口がかわいいです💕こちらはお正月感が強いので、15日のどんど焼きが終わると入れ替えがあるかもしれませんね。

2020年12月19日~

このときはユリが入ってゴージャスですが、全体的には小ぶりなお花が多めでした。色合いは赤やピンク、紫系でちょっとシックな大人の印象。

浮かべる花や並べ方でずいぶんと印象が変わるのが面白いです。

見る角度でもぜんぜん印象が違いますね✨

上の手水鉢は白と赤と緑でどことなくクリスマスな雰囲気。立体的なので、どう撮れば見映えがいいのかよくわかりませんでした💦

2020年11月15日~

メインの手水舎にも花を浮かべたのは11月から。確かこれの前にも一度花手水が実施されていたんですが、そちらは行けませんでした💦

このときは菊やダリアなど、丸いフォルムで大振りなお花が中心でした。11月ですがヒマワリもあって、ビタミンカラーが元気でにぎやかな感じでした。

全体はこんな感じ。現在は蛇口を竹のカバーで上手く隠しています。

上の手水鉢にはカラフルな紅葉が浮かんでいました。

宇佐八幡神社【期間限定】

宇佐八幡神社
〒772-0001
徳島県鳴門市撫養町黒崎八幡130

鳴門市撫養町に鎮座する宇佐八幡神社、鳴門病院のすぐ近くなので場所はわかりやすいです。

こちらは神職常駐ではなく、ものすごく失礼ながら徳島県内でもそれほど知名度がない…と思われます。「地域の氏神さん」といった、ひっそりとした雰囲気の神社です。

2021年のお正月、花手水を設置したことで一躍有名となり、若い女性や写真愛好家に人気となりました。

”華”手水

 

この投稿をInstagramで見る

 

宇佐八幡神社(@usahachiman_naruto)がシェアした投稿


7月7日から8月31日まで、カラフルなヨーヨー(水風船)を浮かべた華手水が設置されています。ヨーヨー釣りもでき、1人1つ持ち帰ってOKです👍

あじさい手水

6月12日より、紫陽花の花手水が設置されています!こちらはいつまでの設置かわかりませんが、傷んだお花から下げていくそうです。

梅雨らしくカエルさんもいます。

次回は未定

未定。

宇佐八幡神社の花手水は元旦、3月3日、5月5日と続いているので、「五節句」に合わせての設置なのかな?と思われます。次回があるとすれば七夕…でしょうか。あればいいな。

2021年 端午の節句

次回は5月1日、端午の節句バージョンで設置予定だとか。予告通り、4月30日から花手水が登場しています。今回はセンターに金太郎さんがいました。

今回は黄色やオレンジのビタミンカラーが多めで、元気いっぱいの花手水でした。

2021年 桃の節句

予告通り、3月1日から桃の節句の花手水が設置されています。ひな祭りに合わせて、暖色メインの華やかなお花がいっぱい!

2日の大雨の中見に行ったので、貸し切りでした😂

お花の様子を見ながら10日くらいまでの設置予定です。

2021年お正月

見に行ったのが三が日だったので参拝の方がそこそこ多く、ゆっくりと見学することはできませんでした💦大輪の鮮やかな菊やダリアが浮かび、とても豪華でした✨

お花を提供したのは大塚国際美術館の映えスポット「フラワーウォール」を手掛けるringoyaという鳴門のお花屋さんで、こちらはおしゃれなお花屋さんとしてとても有名なんだとか!

こちらの手水鉢は長方形の短い辺のほうに龍がいるのが珍しいですね。

宇佐八幡神社は今後も定期的に花手水が設置されるのかは不明です。

快神社

快神社
〒770-0037
徳島県徳島市南佐古七番町8

快(こころよし)神社は徳島市南佐古七番町にある神社。とても小さな神社ですが疫病退散の神として有名で、アマビエ様の御朱印やお守りが人気。全国から参拝に来られています。

快神社でもかわいらしい花手水が登場♡

コンパクトな手水鉢に立体的にお花が活けられています。最近は徳島の神社でも花手水が増えてますよ、というお話をお正月にしたところ、さっそく設置してくださいました😆

御朱印担当のお姉さん(宮司さんの妹さん)は華道をやっていたと前に聞いた気がするので、今後の進化に期待です✨

ホワイトハート♡

3月1日からは白のトルコキキョウをメインにしたハートになっています✨春は色とりどりのお花が咲くので、あえて真っ白にしたとか。

アマビエ様のほうは黄色メインでにぎやか。アヒルちゃんも浮いています😆こちらは完成まで見られなかったので写真なしです💦

バレンタインに合わせてハートの花手水♡

バレンタインに合わせて、期間限定で真っ赤なバラのかわいい花手水が登場しています💕

立体的です。

アマビエ様、降臨

社務所前、青龍水の隣にひそかに鎮座されていたアマビエ様ですが特等席が誕生しています!

以前お聞きした「睡蓮鉢に花手水」ですが、このように設置されたようです✨そのお姿はまさに「降臨」😂写真は快神社さんにいただいたものです。

参拝の方がいつでもきれいな花手水を楽しめるように、少しずつレイアウトの調整をしているそうなのでぜひご覧ください。

花手水デビュー作

見に行ってきました!

コンパクトな神社なので、手水鉢もかわいらしいサイズ感。ピンク系のかわいらしい花手水でした。立体的に活けられているうえ、低い位置にあるのでこちらも写真が撮りにくくて、魅力が伝わらないかも💦

手水鉢の奥には謎のスペースがありますが、こちらは池の跡で昔は鯉がたくさんいて人気のスポットだったそうです✨

この花手水は先週末に設置されたので、雪や低温の影響でお花がちょっと傷んでいました。明日入れ替える(参拝は1月14日)とのことなので、これから行かれる場合はまた違ったお花が楽しめますよ😆

社務所のほうでも睡蓮鉢にお花を活けて飾ろうかな、とおっしゃっていたのでそちらも近々お目見えするかも!?😍

快神社は神社と社務所が離れた場所にあり、神社のほうは無人です。社務所にはおみくじやお守り、絵馬などがたくさん置いてあるので、花手水を楽しんだ後はぜひそちらにも行ってみてください。御朱印も社務所でいただけます。

四所神社【終了】

四所神社
〒770-0868
徳島県徳島市福島2丁目3-34

徳島藩主・蜂須賀家の崇敬がとくに厚かった「徳島市中五社」のひとつ、四所(ししょ)神社。市内中心部からは少し離れていますが、道路沿いにあってわかりやすい場所にあります。

四所神社でも期間限定で花手水が登場!1月中旬くらいからいけられていて、2月末までの予定だそうです。

蘭農家の方がインスタグラムで花手水を見て、廃棄予定のお花を利用できないかと思いついたとか。3日おきくらいに手直しされているそうなので、いつでも美しい状態で見られますよ✨

徳島新聞でも紹介されていました。

シンビジウムがふんだんに使われた豪華な花手水です✨色鮮やかで見ごたえがありました。真ん中のピンクのグラデーションになった部分、ハート型に配置されているのかな?

四所神社の手水舎はかなり日当たりがいいので、写真撮影が目的の場合は時間帯を考慮したほうがよさそう💦

後から見たり。

横から見たり。いろんな角度から楽しめます。

新聞掲載の影響か、土日祝日はちょっと混雑することもあるようです。平日の午前中が比較的空いていてゆっくり見られると思います。

大麻比古神社【終了】

大麻比古神社
〒779-0230
徳島県鳴門市大麻町板東広塚13

阿波国一の宮で阿波・淡路両国の総産土神として信仰される、鳴門市の大麻比古(おおあさひこ)神社。大麻山を背にして建つ、徳島屈指の荘厳な神社です。

こちらでも期間限定で花手水が設置されています。四所神社と同じ方が手がけているそうなので、シンビジウムがメインの豪華な花手水です✨

こちらもたぶん2月末までの設置かと思われます。

手水鉢がビッグサイズ&立体的なのでもうどう撮っていいかわからん😂

同じ構図ばかりで、全景を撮ってなかった💦ぜひ現地でご堪能ください。

大御和神社【期間限定】

大御和神社
〒779-3122
徳島県徳島市国府町府中

大御和(おおみわ)神社は1300年以上の歴史がある式内社。昨年は境内地の売却問題で揺れていましたが、解決したようで一安心。

今のところとくにテレビや新聞でも取り上げられていないですが、3月1日から大御和神社にも花手水が登場しています。シンビジウム中心なので、四所神社や大麻比古神社の花手水を手掛けた方と同じ方と思われます。

ということは、3月末くらいまで楽しめるのかな?1日に見に行ったとき、お花の調整をされていたのでお話を伺いたかったんですが、他の方とお話されていたので聞けず😂

四所神社のときも大麻比古神社でも花手水を設置していることは新聞に載っていなかったので、大御和神社のほかにもどこかでやっているかもしれませんね。

住吉神社【期間限定?】

住吉神社
〒770-0861
徳島県徳島市住吉1丁目6-56

徳島城から東へ1kmほどの場所にある住吉神社。大阪の住吉大社から勧請され、およそ1000年の歴史がある神社です。もとは城山にありましたが、藩主によって現在地に遷座され鳥居などが寄進されました。

インスタグラムで見かけて行ってみましたが、近ごろの暑さでちょっとお花が疲れぎみ💦

見かけたのは3月10日なので、そのあたりに設置されたものと思われます。いつまで見られるかはわかりませんが、大輪の菊がきれいでした✨

現在の花手水の後、また新しくお花が入れ替えられるかはわかりませんが続けてくれたらいいなぁ😆

どのタイミングで入れ替えされているのかは不明ですが、4月も設置されていたようです(インスタで見ただけですが💦)。毎月1日に入れ替えて傷んできたら撤去…な感じでしょうか。

こちらもかわいい♡

「花手水」と聞いてイメージするものとはちょっと違うかもしれませんが、県内のほかの神社でも手水を封鎖する代わりにさまざまな工夫をされています。

ぜひ、こちらも見に行かれては🥰

王子神社

王子神社
〒770-8070
徳島県徳島市八万町向寺山55

「猫神さん」でおなじみ、文化の森総合公園内にある王子神社。徳島では合格祈願の神さまとして知られていますが、境内にたくさんの招き猫があることや神社猫と触れ合えることから、猫好きの間でも”猫神社”として有名。

かわいい猫の御朱印が人気ですが、御朱印目的の参拝者以外にもご近所のおじいちゃんおばあちゃんが散歩がてらにお参りに来たり、ママさんたちが小さな子供を連れて遊びに来ている姿もあり、ほのぼのとしています。

そんな王子神社でも手水舎がコロナの影響で使用禁止となっていて、現在は竹の樋からダイレクトに水を受ける形になっています。アルコール消毒も完備。

現在、水の代わりに水鉢に入っているのがまさかの水風船!お祭りみたいでワクワクする、カラフルでかわいいヨーヨー手水です😆

眉山天神社

眉山天神社
〒770-0908
徳島県徳島市新町橋2丁目21

徳島市のシンボル・眉山のふもとにある眉山天神社は七五三やお宮参り、合格祈願で有名な神社なので徳島県民なら知っている方も多いのでは。

眉山を背にしているので、市街地にありながら自然豊かなロケーション。美麗な御朱印がいただけることでも有名で、全国的に人気があります。

こちらでもコロナの影響で昨年から手水は使用禁止となっていて、代わりに季節の花が飾られています。

手水鉢にダイレクトに浮かべていないので、スタンダートな”花手水”とはちょっとイメージが違うかもしれませんが、こういうパターンもあります。

初夏にはあじさいをディスプレイ。あじさいは境内にもきれいに咲いていました✨

お正月には華やかなシンビジウムが。

手水舎とは別に、水鉢にもお花が飾られています。参拝されたときは、かわいらしく活けられたお花もぜひチェックしてくださいね🥰

参拝のタイミングによっては見られないこともありますが、お正月はいつもよりお花の設置が多くて華やかでした✨

雑記
スポンサーリンク

\行ってみる/
▼楽天ポイント貯まる&使える!▼

▼Pontaポイント派のあなたへ▼


▼格安航空券をチェック!▼

\シェアする/
\フォローする/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
とくしま御朱印なび
タイトルとURLをコピーしました