→→徳島・四国の郵送対応御朱印まとめ

王子神社|今月の御朱印は?2021年のかわいい月替わり御朱印まとめ

徳島の御朱印

王子神社は、文化の森総合公園にある猫神さんと呼ばれている神社です。

王子神社の御朱印は猫神さんらしいかわいい猫のデザインで、しかも月替わりなので毎月参拝する人も多く、とても人気があります。

御朱印の初穂料:300円
御朱印受付時間:9:20~16:40

▼アクセス方法や見どころなど、くわしくはこちら▼

徳島県徳島市|王子神社は猫好き必見!かわいい月替わり御朱印が人気な合格祈願の猫神さん
文化の森総合公園の中にある王子神社は「猫神さん」と呼ばれるほど猫だらけの神社です。もちろん御朱印も猫のデザインで徳島では珍しい月替わり。境内も拝殿も招き猫や猫モチーフがたくさんで、猫好きなら一度は参拝したい、おすすめスポットです。

▼2020年の御朱印はこちら▼

王子神社|今月の御朱印は?2020年のかわいい月替わり御朱印まとめ
徳島市にある王子神社は「猫神さん」と呼ばれる猫だらけの神社で、カラフルでかわいい猫のデザインの御朱印が人気です。デザインは月替わりなので、今月の御朱印がどんなものか気になりますよね。このページでは、王子神社の2020年の最新御朱印をご紹介しています。

▼2019年の御朱印はこちら▼

王子神社|今月の御朱印は?2019年のかわいい月替わり御朱印まとめ
徳島市にある王子神社は「猫神さん」と呼ばれる猫だらけの神社で、カラフルでかわいい猫のデザインの御朱印が人気です。デザインは月替わりなので、今月の御朱印がどんなものか気になりますよね。このページでは、王子神社の最新の御朱印をご紹介しています。
王子神社では毎年2月22日に「猫の日特別御朱印」がありますが、今年はありません。代わりに猫の日限定として準備したデザインが2月の月替わり御朱印として頒布されます。こちらは2月いっぱい拝受できるので、分散して参拝されますようご配慮ください🙇‍♀️
【2月22日に参拝される方へ】昨年のように御朱印に行列ができるようなら御朱印の受け付け自体を中止するとのことなので、可能であれば明日以降の参拝をおすすめします。猫の日限定の特別御朱印はなく、2月はいつ参拝しても同じデザインです。
スポンサーリンク

12月の御朱印

12月の御朱印は「お茶会」がテーマ。

今年の干支の牛さんと、来年の干支の虎さん、そして猫さんがお茶をしているほっこりかわいいデザイン。

王子神社では12月1日より、「幸先詣(さいさきもうで)」としてお正月の縁起物が先行頒布されています。

人気の「招き寅」は1日だけでけっこう出たそうなので、気になる方はお早めに。

こちらは神社仏閣の卸専門の窯元なので、一般のお店では入手できないものだとか。王子神社でも数量限定での頒布となり、数はたくさん入れてないそうです。

招き寅:1500円
その他、新しいデザインのお守りもいくつかありました。
虎柄の「仕事守り」と、2022年の猫の月(2月)用のイラストを使用したお守りなど気になるものがいっぱい。

【重要】年末年始の御朱印対応

年末年始の御朱印対応について伺いました。

  • 例年通り、12月2日から2月上旬くらいまで地域の伝統神事「荒神祓い」のため午前中はほぼご不在となります。
  • 12月31日から1月16日までは書置きのみの対応で、御朱印帳の頒布もありませんのでご注意ください。
  • 干支の御朱印は印刷のものを頒布、かなりの数を用意しているので(2022年でさばけるかどうかというほど)慌てなくても大丈夫!
  • 1月17日から直書き対応を再開されるそうです。

11月の御朱印


今月の御朱印は芸術の秋、日本画バージョンです。

11月初めは兼務社祭事のためご不在のことが多いので、11/9に参拝予定。御朱印を拝受したら更新します。

実際にいただいた御朱印がこちら。

想像以上にかわいかった✨配置や背景の色はランダムっぽいです。

昨年は禰宜さんと宮司さんでデザインがちょっと違いましたが、今年はどうかな…聞きそびれました💦インスタで他の方の投稿を見た感じ、配置と色の違いはありましたが別デザインの絵が入っているのはまだ未確認です。

あまり人がいなかったので禰宜さんとゆっくりお話しでき、今後の御朱印の予定などを教えていただきました。

  • 12月の御朱印はかなりシンプル
  • 例年通り1月は16日まで書置きのみの対応
  • 1月は干支のデザイン(印刷)と17日以降は直書きで別デザインがあるとか✨印刷のものは数量限定ですが、たくさん用意するのでなくなることはない、とのこと
  • 2月は「猫の日」ではなく、「猫の月」の御朱印として用意

ちなみに、王子神社では12月から氏子さん宅を回る古くからの風習(荒神祓い)があるので、午前中はほぼお留守になります。昨年は2月初旬まで続きました。

10月の御朱印

10月の御朱印は「初穂」がテーマ。

初穂はその年初めて収穫した稲穂のことで、神仏や朝廷に奉納するものでした。今でも神社で納めるお金のことを「初穂料」といいますよね。

11月から五百円硬貨が新しくなるのを記念して、お金をテーマに採用。「にゃんにゃん銀行」を想定されていたそうですが、調べたところ実在するため←!?、「またたび銀行」としたそうです😂

一万円札をイメージしたデザインですが、単位は「22000」として、実物と似すぎないように工夫したとか。

印も新しく麻の葉に肉球入りの丸い印を作られたそうです。

10月は秋祭りシーズンなので、社務所が不在のことが多くなります。直書き希望の場合はインスタで不在の告知をご確認のうえ参拝をおすすめします。

9月の御朱印

9月の御朱印はかぐや姫。

竹と満月、牛車が風流ですね。はさみ紙もお月見をする猫さんでかわいいです。

睡蓮鉢に釣りをする猫のかわいい置物が!遠くに見える黒い塊はくろちゃんです😂

写真は撮ってないんですが、社務所に子猫が仲間入りしていました。
また何者かが猫を捨てていったようです。禰宜さんブチギレ案件。

8月の御朱印

8月の御朱印は阿波踊り!

例年、8月12日から15日までの阿波踊り期間には特別御朱印がありましたが、昨年からは中止されています。復活を願う要望が多かったので、8月いっぱい阿波踊りをテーマにした御朱印が頒布されています。

デザイン担当は2月の「猫の月」の御朱印でおなじみのすいいろさん。

風鈴守りの短冊のデザインをもとに作られました。「風鈴は音が出るし、受けられない人もいるだろうから…」と、御朱印に同じデザインを採用されたとか。ありがたいですね✨

風鈴スタンプが入る夏詣御朱印は8月は頒布されていませんが、右上の提灯に「奉拝夏詣」のスタンプがあります。

栞は夏詣コンプリートの記念品。
13社すべて巡られた方は授与所で申し出ると無料でいただけますが、禰宜さん手作りのため数に限りがあり、デザインは複数あります。タイミングによっては品切れの場合も。。。

7月の御朱印

7月の御朱印は花火。夏祭りっぽい雰囲気でカラフル!

はさみ紙は七夕、かき氷やスイカのスタンプもあって夏らしいです。

王子神社の「夏詣」は通常御朱印に風鈴スタンプが入ります。頒布期間は7月いっぱいなので夏詣の御朱印めぐりをされる方はご注意ください🙇‍♀️

徳島の「夏詣」についてはこちら💁‍♀️

夏詣御朱印めぐり|徳島県内の13の神社でいただける!2021年「夏詣」の御朱印まとめ
数年前から耳にするようになった「夏詣(なつもうで)」。6月30日の夏越の大祓のあと、7月・8月に神社に参拝する行事です。近年は夏詣の期間中に特別御朱印を頒布する神社も増えました。徳島では県内13社が参加し、初めて本格的な夏詣御朱印めぐりが開催されるのでご紹介します。

6月の御朱印

6月の御朱印は梅雨がテーマ。雨の降るなか、蓮の葉っぱで遊ぶ猫さんとカエルさんがかわいい🥰

はさみ紙はカエルさんに傘を差してあげる猫さんの絵。こちらもかわいいですね。

昨年は月の終わりに向けてドロップ型の雨粒が増えて行く遊び心がありましたが、今回はスペース的に増えない…かな?🤔

雨の日には御朱印に何かが…?という噂ですが、現物を見られなかったので詳細は謎に包まれています💦

5月の御朱印

5月の御朱印は鎧兜を身に着けた勇ましい猫さん!端午の節句らしい鯉の滝登りがモチーフです。

はさみ紙はほのぼのしたタッチの鯉のぼりと猫さんでした。

はさみ紙に乗せている小さな張り子の猫さんは完頒(在庫なし)となり、夏頃に頒布再開の予定だそうです。

にぎやかだった手水舎はリセット。亀さんだけがプカプカしていました。

4月の御朱印

4月の御朱印は春らしく桜!と、まさかの桜鯛😂

桜鯛は徳島県鳴門市の名産品です☆

来月の御朱印は男性好みのデザインかも??とのこと。昨年8月のサーフィンとはまた違った方向性だそうです。楽しみ😆

はさみ紙には鯛をかかげてご満悦な猫さんが。まだはさみ紙の準備ができていなかったそうで、禰宜さんが急遽作成してくださいました。今月の通常のはさみ紙デザインとは異なるかも。。。

背景は王子神社の桜。ソメイヨシノではなく、山桜の一種なので咲く時期や花の色などがちょっと違います。いつもはソメイヨシノよりも早く咲くそうですが、今年はソメイヨシノの開花時期が例年とずれたので先に満開になりました。

この桜は「阿波の化け猫騒動」と同時期の江戸時代に植えられたもので、樹齢300年近くになるそうです。

通常、桜は花のあとに葉っぱが出てきますが、この山桜はピンクの花と赤茶色の葉っぱが一緒に出てくるのでソメイヨシノとは違った雰囲気。

暖かくなってきたので、神社猫さんもお外を満喫しています。この日はお外にくろちゃんとふくちゃん、社務所の中にはしろちゃんとうにちゃんがいました🥰

先日、うにちゃんが2日間近く行方不明になりました。王子神社にいる猫さんは神社で飼われていて(昼間は外で自由にしていますが、夕方になると全員社務所に戻ってくるそうです)、譲渡はしていません
ものすごく人懐っこいですが、連れて帰ることはできませんのでご注意ください🙇‍♀️

3月の御朱印

今月は3月らしく「ひな祭り」がテーマ。はさみ紙もかわいいおひな様です。

先月に続き、いつもとテイストが違う猫さんが着物でおめかししています。今月から「奉拝」はハンコになったそうで、かわいい招き猫型。こちらは毎月同じものなのか、月によって変わったりするのか…今後が楽しみですね✨

この猫ちゃんは津田八幡神社のお狸さんの御朱印をオマージュしたそうです😂王子神社の禰宜さんと津田八幡神社の宮司さんは仲良しなので、もちろん許可済み。

王子神社の手水舎は以前からカラフルな水風船が浮かんでにぎやかでしたが、さらにパワーアップ!小判やおもちゃの指輪、スーパーボールなどが追加されて縁日感アップ✨

「猫に小判」の小判が猫神さんらしくて好き😆

暖かくなってきたので、猫さんも活動的。寒暖差が激しいので、ふくちゃんはちょっと体調を崩しているとか…。おばあにゃんなので心配です🥺

2月の御朱印

昨年からお伝えしていますとおり、2月22日の「猫の日」の特別御朱印を中止する代わりに2月いっぱい「猫の月」の御朱印として、猫の日に頒布予定だった御朱印がいただけます!

王子神社は御朱印や頒布品の郵送対応はされていません。

2月の御朱印はイラストレーターの「すいいろ」さんの絵をはんこにしたものを押していただけます。いつもの猫さんとは違うタッチで、こちらもかわいらしいですね😻

すいいろさんは快神社の御朱印帳のデザイン(☝左側の龍のイラスト)を手掛けた方です😆

左から「猫の月」の特別御朱印、はさみ紙、ぬり絵。はさみ紙にいるのはいつもの猫さんで、雪だるまや雪うさぎを作って冬をエンジョイ。かわいらしい2月の風景ですね✨

ぬり絵の丸々としたかわいらしい招き猫のイラストもすいいろさんが手掛けたもので、こちらは境内で2月いっぱい無料配布されています。

遠方にお住まいで2月に参拝できない方や持ち帰るのを忘れてしまった方、期間限定ですが全国のセブンイレブンでネットプリントもできます!

セブンネットプリント(使い方はこちら
・プリント予約番号:43253506
・A4サイズ、白黒印刷で1枚20円
・2月8日まで
ネットプリントでのぬり絵の頒布期間が延長されました!前回のプリント予約番号とは異なり、【13204818】で2月25日まで印刷できます。

参考までに2019年(左)と2020年(右)の猫の日御朱印がこちら。

どちらも2月22日の1日限りの頒布でした。とくに昨年はかなりの人出だったため禰宜さんが『トラウマになりました』とこぼしていたことがあり、コロナ終息後の猫の日御朱印の動向が気になります😂

1月の御朱印

1月の御朱印はお正月らしく干支の牛さんと猫さんが仲良くコマで遊んでいる様子。背景はカラフルなお花がいっぱいで、先月の予告通りちょっと派手でした✨

拝殿にもお正月らしいかわいいポスター?が😍

例年三が日は初詣で混み合いますが、今年はやはり皆さん分散参拝を意識されているのか少なめだった気がします。多いときは階段の下まで参拝の列ができます💦

例年通り、御朱印は16日までは書置きでの対応となります。御朱印帳の頒布もありませんので、直書きしてほしい&御朱印帳を受けたい方は17日以降に参拝を🙇‍♀️
2月初旬までは「荒神祓い」で午前中は氏子さん宅で神事を行うため、ご不在の場合が多いそうです。参拝の時間にもご注意ください。

寒いうえに初詣でいつもより人出があったため、猫さんの姿は見えず。「お外の活動限界時間十分程」とのことなので、初号機よりは長く動けますがやはり冬は社務所でぬくぬくしている模様😂

カラフルな水風船を浮かべた変わり種の手水も健在でした✨

タイトルとURLをコピーしました