→→徳島・四国の郵送対応御朱印まとめ

眉山天神社|今月の御朱印は?2019年のかわいい月替わり御朱印まとめ

徳島の御朱印

徳島では珍しい凝ったデザインで、月替わりの御朱印がいただける眉山天神社の今月の御朱印をご紹介します。

眉山天神社の御朱印はバリエーションが多く、月によってどの組み合わせパターンになるかはまちまちです。

■見開きの御朱印

  • 天神社と姫宮神社の見開き
  • 眉山稲荷と九人大明神の見開き
  • 天神社の見開き

■片面の御朱印

  • 天神社
  • 姫宮神社
  • 眉山稲荷神社
  • 九人大明神
眉山天神社の御朱印の初穂料
見開き:600円→700円
天神社のみの見開き:500円
天神社(片面の場合)、姫宮神社、九人大明神、眉山稲荷神社:各300円
※社務所受付時間:9:30~17:00

▼アクセス方法や見どころなど、くわしくはこちら▼

徳島県徳島市|眉山天神社はカラフルな月替わり御朱印が人気!徳島駅からもアクセス便利
徳島駅からも歩いて行ける、眉山のふもとにある「眉山天神社」は徳島では珍しいカラフルでかわいい御朱印が人気です。眉山天神社でいただける月替わりの御朱印と、縁結びで有名な姫宮神社、狸の神さま九人大明神など境内の見どころもご紹介します。

▼2020年の御朱印まとめはこちら▼

眉山天神社|今月の御朱印は?2020年のかわいい月替わり御朱印まとめ
徳島駅のすぐ近く、眉山のふもとにある眉山天神社はカラフルでかわいい月替わりの御朱印が人気の神社です。毎月デザインが変わるので、今月の御朱印がどんなものか気になりますよね。このページでは、眉山天神社の2020年の最新御朱印をご紹介しています。
スポンサーリンク

12月の御朱印

12月の御朱印は天神社と姫宮神社の見開き、眉山稲荷と九人大明神の見開き、天神社の片面、姫宮神社の片面の合計4種類。

見開き御朱印はどちらも冬景色で、どことなくクリスマスの雰囲気があります。

天神社は今月も季節ごとのデザインがないスタンダードな梅の紋の御朱印ですが、天神社と姫宮神社を見開き御朱印のように並べて全体的にヒイラギをちりばめたデザインにもできるそうです。こちらはクリスマスイブに改めて参拝して拝受しました。

天神さんには階段のところに大きな銀杏の木が2本ありますが、まだまだ緑が多め。

眉山の頂上だと先月から紅葉の見ごろなんですが、ふもとはこれからのようです。今年はいつもより一週間くらい紅葉が遅いらしいので、中旬くらいがベストかも。

12月24日に参拝したとき、さすがに銀杏はほぼ散っていましたが、落ち葉でかわいいハートが作られていましたよ。前日が雨だったので、ちょっと水分多めできれいに撮れなかったですが…。

お正月に向けて、授与品には干支のかわいいおみくじがありました。角度によってはちょっとうさぎっぽくも見えますが、ねずみさんです。

陶器製で、おみくじをひいたあとは置物としても活用できる優れもの。色は白、ピンク、黄色の3色あってこれは黄色です。黄色というかクリーム色?

お財布に入れると金運アップのお守りにもなる福銭付きで、初穂料600円です。

天神さんは七五三だけでなく初詣スポットとしても大人気。今年もお正月三が日まで御朱印は書置きのみでの対応でした。まだ検討中ですが、2020年はもう少し長く書置きのみの対応になるかも、とのことでした。日程が決定したら天神社のFacebookでもアナウンスがあるので、参拝前にご確認ください。

11月の御朱印

11月の御朱印は天神社と九人大明神の見開き、姫宮神社と眉山稲荷の見開き、天神社の片面、姫宮神社の片面の合計4種類。

見開きはいつもと違うペアで新鮮でした。天神さんの七五三の鈴と、九人さんの合格勝ち狸の縁起がいい組み合わせです。姫宮さんはカラフルな紅葉がかわいい。

今月の片面の御朱印は季節ごとのデザインはなく、どちらも社名のみのシンプルなもので、天神社は10月にいただいた御朱印と同じデザインです。

今月は七五三の御祈祷のピークです。土日祝日は御朱印の対応ができる時間がほぼないので、見開きの御朱印を希望する場合は平日に参拝したほうが無難。天神社のFacebookでも、土日祝日の御朱印は天神社か姫宮神社の片面御朱印のみ、とアナウンスがありました。
遠方から参拝される場合は事前に電話で御朱印の対応ができるか確認するのをおすすめします。

10月の御朱印

10月の御朱印は天神社と姫宮神社の見開き、眉山稲荷と九人大明神の見開き、天神社と姫宮神社の片面の合計4種類。

今月も暗めのトーンの眉山に姫宮さんの鮮やかなムラサキシキブが映えます。

眉山稲荷の御朱印には初めて狐さんのスタンプが登場しました!22日には天皇陛下の御即位礼があるので、10月は「令和元年」が金色になっています。

姫宮さんの片面御朱印は「縁結び」の文字入りで、ちょうちょ結びの絵がかわいい。

今月は綿の実がいけられていました。モコモコでかわいい。

水鉢にはみずみずしいグリーン。

今年も天神さんの激安おみかんの季節がやってきましたよ。

即位礼記念御朱印

10月22日から31日まで限定で、即位礼記念の御朱印があります。初穂料は700円です。

「即位礼」の文字と日の出のデザインに、天皇陛下のお印である「梓」と皇后陛下のお印である「ハマナス」が描かれています。右側が梓、左側のお花がハマナスです。

即位礼なのでお狐さんとお狸さんもちょっぴりおめかし、狸さんはキリっと蝶ネクタイ、狐さんはかわいい赤い前かけをつけています。初穂料は700円です。

こちらはおめかしパーツ以外は10月の通常御朱印と同じデザインなので、すでに御朱印を拝受している場合は重ね印をしていただけます(初穂料も不要)。

9月の御朱印

少しずつ涼しくなり、天神さんの御朱印も秋めいてきました。今月の御朱印は天神社と姫宮神社の見開き、眉山稲荷と九人大明神の見開き、天神社と姫宮神社の片面の4種類でした。

全体的に渋め&暗めのトーンで、先月に比べるとかなり落ち着いた感じで大人なイメージ。そんな中、姫宮さんの彼岸花が鮮烈で美しいです。8月の御朱印にはいなかったトトロみたいな九人さんの狸も復活していますよ。

★見開きの御朱印は初穂料が600円から700円に変更になりました。

拝殿の前には菊の花を浮かべた風流な睡蓮鉢が。

九人さんの案内板には狸奉賛会の新しい絵が設置されていました。見た感じ、全員メンズのようですが狸界のゴッドマザーの子には何匹か女子もいたはず…。

8月の御朱印

徳島で8月といえばもちろん阿波踊り!眉山天神社の御朱印も阿波踊りがテーマです。

今月の御朱印は片面は天神社のみで、天神社と姫宮神社の見開きと眉山稲荷と九人大明神の見開きがあり、合計3種類でした。

8月12日~15日までの阿波踊り期間中には限定御朱印があるそうです。8月の通常の御朱印とちょっと違う特別なデザインだとか。
★阿波踊り期間中は社務所も19:00頃まで受付時間を延長しているので、踊り見物をしつつ参拝してみては。

阿波踊り限定御朱印

11日から授与が始まった阿波踊り限定御朱印をいただきました。

天神社と姫宮神社、眉山稲荷と九人大明神の見開きの2種類あります。初穂料はいつもの見開きと違い、各700円でした。

この御朱印は16日までいただけるそうで、17日からは通常の8月の御朱印になります。

阿波踊り会館前に阿波踊りの提灯がたくさんある光景

御朱印にも提灯のスタンプがあるように、徳島駅前から眉山までは一直線に赤と黄色の提灯が並んでいます。いつもより徳島がにぎやかになる阿波踊り、天神さん周辺も観光客の方が多かったです。

台風が近づいているので、これから徳島に来られる方は気をつけてくださいね。

待望のオリジナル御朱印帳の授与開始!

眉山天神社でもオリジナル御朱印帳の授与が始まりました!

レトロかわいい黄色地に梅が散りばめられた、天神さんらしいデザインです。御朱印帳の授与は最近始めたばかりだそうで、おそらく7月頃から?だと思われます。

在庫はすでに残りわずかですが、近日再入荷するそうなのでご安心ください。

御朱印帳の初穂料は2000円で、およそ12センチ×18センチくらいのやや変則な大きいサイズでした。

御朱印帳の1ページ目には美文字な「令和」とかわいい梅の印が入っています。

7月の御朱印

7月の御朱印は七夕がテーマで、笹の葉とカラフルな短冊がかわいいです。

今月は見開きは天神社と姫宮神社のみで、他は片面でした。天神社のみ、夏の大祭をイメージしたさわやかな青い紙の書置きでいただきました。御朱印帳への直書きもしていただけます。

7月24日と25日は眉山天神社の夏の大祭(天神祭り)で、御神輿が近くの商店街まで繰り出してとてもにぎやかになります。この2日間は御朱印対応にいつもより時間がかかる・書置きのみでの対応になる可能性ありです。直書きを希望する場合は別の日がおすすめです。

6月の御朱印

6月の御朱印は天神社と姫宮神社の見開き、九人大明神と眉山稲荷神社の見開き、天神社の片面、姫宮神社の片面の4種類でした。初穂料は見開きが各600円、片面が各300円です。

見開きの御朱印はあじさいがテーマで、天神社のほうは眉山と吉野川、新町川をイメージしたラインが特徴です。今までの御朱印では眉山と吉野川だけで、新町川が入ったのは今回が初めてでは。九人さんと稲荷さんの御朱印は「狐」と「狸」の文字が並んで、カラフルなあじさいの花びらがキュートでした。

天神社の片面バージョンは全体が「令和」という文字になっていて、水玉模様の風呂敷?の中に「天神社」と書かれた今までにない面白いデザインです。姫宮さんのさくらんぼもかわいい。

境内のあじさいも花が咲き始めていましたよ。

5月の御朱印

改元記念御朱印はありますが…

あいにくの雨模様でしたが、天神さま像の前には奉祝の幟が。

眉山天神社では、改元記念の特別な御朱印として天神社、姫宮神社、九人大明神、眉山稲荷神社4社分の見開き御朱印がありました。

9:40頃に行きましたが、授与所にはすでに20人ほど並んでいて、本日中の受け渡しは無理な状況。いつもより御朱印の受付を増員しての対応でしたが、いかんせん書き手の方はお一人。完全にパンク状態でした。

県外から来られた方には、後日(6月以降)郵送での対応となっていました。

10:00前にいったん限定御朱印の受付は終了しています。本日参拝して御朱印をいただけなかった方で連休明けに再度参拝できる場合は、そのときに伝えてくれれば5月1日の日付で限定御朱印を書きます、とのことでした。

5月2日からは通常の御朱印になるそうですが、連休の影響で参拝客が多いのでいつもより待ち時間が長くなりそうです。

連休中の参拝を予定している方で眉山天神社の他にも周辺で御朱印をいただこうと考えている場合は、天神社で御朱印を書いていただくのに預ける分と他で御朱印をいただく分の2冊の御朱印帳を用意して行くのをおすすめします。

▼後日いただいた令和元年5月1日の限定御朱印がこちら▼

☝天神社

☝姫宮神社

☝眉山稲荷神社

☝九人大明神

5月の御朱印(通常)

5月2日から授与されている5月の限定御朱印はこちら。

今月は天神社と姫宮神社の見開き、眉山稲荷神社と九人大明神の見開きの2種類のみとなっています。天神社と九人大明神のような、別パターンの組み合わせでの授与はありません

初穂料は各600円です。

それぞれ「令和」と「奉祝」の文字入りですが、こちらは改元記念の限定御朱印ではないので5月31日までいただけます。

4月の御朱印

4月の御朱印は春らしい桜がテーマ。

九人大明神の狸がなんとなく笑っているような表情でかわいいです。

今月から境内社・眉山稲荷神社でも御朱印の授与が始まりました。
初穂料は300円です。
境内の桜もほぼ満開(八分咲きくらい)でした。
4月上旬までは楽しめそうです。

3月の御朱印

3月の御朱印はひな祭りのはまぐりと菜の花がテーマ。

天神社の御朱印はかわいいピンクの半紙に銀色で書かれた書置きをいただきました。
普通の黒の墨になるそうですが、直書きもしていただけます。
書置きの御朱印、『スティックのりを使うと御朱印帳にきれいに貼れますよ』と教えていただいたのに、液体のりしかなくてシワシワになったという痛恨の極み。

2月の御朱印

2月の御朱印は梅がテーマ。

境内の梅にも、つぼみがついていましたよ。

1月の御朱印

1月はお正月らしいデザイン。

姫宮神社がひらがなで書かれているのが新鮮です。

▼他にもあります!徳島のかわいい月替わり&限定御朱印▼

徳島の御朱印まとめ|気になる期間限定御朱印、徳島県内でいただける神社仏閣一覧
神社仏閣を参拝して書いていただく御朱印には期間限定の「限定御朱印」もあって、いつどこでいただけるのか気になりますよね。このページでは、徳島県の神社仏閣でいただける期間限定御朱印をまとめました。時期や御朱印の種類など、御朱印めぐりの参考にしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました