→→徳島・四国の郵送対応御朱印まとめ

津田八幡神社|暦で変わる四神霊獣の御朱印!今いただけるデザインはこちら

徳島の御朱印

徳島市の南東部、漁師町の津田町に鎮座する津田八幡神社。昨年2020年8月より暦で変わる四神霊獣の御朱印が頒布されています。

定期的にデザインが変わるのに、なぜかまとめ記事を作っていませんでした💦

2021年8月7日の立秋から再び「白虎」に戻ったので、この機会にまとめようと思います。

津田八幡神社についてはこちらもどうぞ💁‍♀️

スポンサーリンク

霊獣御朱印スケジュール

2021年から2022年にかけての霊獣御朱印の頒布スケジュールはすでに決まっています。

  • 白虎:2021年8月7日~2021年10月19日 ←今ここ
  • 麒麟(秋)2021年10月20~2021年11月6日
  • 玄武:2021年11月7日~2022年1月16日
  • 麒麟(冬):2022年1月17日~2022年2月3日
  • 青龍:2022年2月4日~2022年4月16日
  • 麒麟(春):2022年4月17日~2022年5月4日
  • 朱雀:2022年5月5日~2022年7月19日
  • 麒麟(夏):2022年7月20~2022年8月6日
各季節共通ですが、麒麟の印がいただける「土用」は期間が短いのでご注意ください。

実際にいただいた御朱印はこちら

実際にいただいた霊獣の御朱印はこちら。

今後も随時更新していきますので、ぜひチェックしてくださいね。

白虎(秋)

8月31日までは夏詣用の風鈴スタンプで「奉拝 夏詣」になりますが、墨書きでの「奉拝」も選べるので希望される方は申し出てください。

また、今年から霊獣印と同じデザインのお守りも頒布されています!

お守りも霊獣の印と同じデザインで、頒布される期間も御朱印と同じで、霊獣の守護パワーが強い期間限定のお守りという変わったものです。

なので、白虎のお守りの頒布期間は8月7日から10月19日までで、10月20日からは麒麟のお守りに変わります。拝受しそこねた場合はまた次の白虎のシーズンまでお待ちください🙇‍♀️

霊獣の印と比べるとわかりますが、かなり小さなカード型なので、財布やスマホカバーなどに入れて持ち歩くのがおすすめだとか!

2020年~2021年の四神霊獣


2020年~2021年にかけていただいた第1回四神霊獣御朱印はインスタ投稿のダイジェストでお送りします😂

タイトルとURLをコピーしました